Home>トピックス>介護業界デビューに欠かせない介護職員初任者研修

通学+通信で学ぶ

介護職員初任者研修は通信講座で知識を得て、通学で技術を身につけていくことが基本となっています。最初から専門学校に通って学ぶこともできるのですが、効率良く学びたい場合は通学+通信を選ぶと良いでしょう。通信講座であれば自分のペースで学習することができるので、社会人の方でも資格取得を目指すことができます。

受講先選びで重視すべきポイント

  • 場所(通いやすいか)
  • 金額
  • カリキュラム
  • 修了生数の多さ
  • サポート体制
  • 就業に強いか

自分に合った受講先を探すことが大切

受講先選びによって資格取得までの道のりが違ってくるため、自分に合った受講先を選ばなければなりません。特に重視すべきポイントが通いやすさであり、技術を学ぶために通学は必要不可欠なことになります。そのため、遠方である場合は通いにくいと感じてしまい挫折する人も少なくないでしょう。ですから、通いやすさなども確認した上で選ぶことが大切です。

介護職員初任者研修のQ&A

ヘルパーと老人

仕事をしている方でも資格は取得できますか?

通信講座であれば仕事から帰ってきた後や休みの日などに勉強することができるので社会人の方でも問題ありません。ですが、通学が必要になるのでその場合は受講先の状況を確認しておくことが大切です。

介護職員初任者研修には年齢制限がありますか?

基本的に年齢制限がないので誰でも受けることができます。親の同意があれば中学生でも受けることはできるので年齢を気にせず積極的に受けると良いでしょう。

急用で通学できない日はどうしたら良いですか?

ほとんどの受講先では振替制度を設けているので、別の日に受け直すことができます。受講先によってサポート内容が異なるので事前に確認しておくと良いでしょう。

介護業界デビューに欠かせない介護職員初任者研修

研修

就業に強いところがオススメ

介護職員初任者研修の認定資格を取得した後は基本的に自身で就職先を探す必要があるのですが、受講先によっては就業サポートを行なってくれるので希望を伝えることで条件に近い就業先を紹介してもらうことが可能です。介護事業所を運営しているところだとなおさら就業に強いので、資格取得後に困ることもないでしょう。自分に合った受講先を選択することでスピーディーに資格が取得でき、修了後はすぐに介護業界デビューが果たせるので受講先選びは慎重に行なうことが重要です。