Home>コラム>資格取得で就職が有利になる!自分に合った勉強法を見つけよう

資格取得で就職が有利になる!自分に合った勉強法を見つけよう

婦人

介護職に必要な資格

介護の仕事に就くために必要となる資格にも数多くのものがあります。しかし、その中でも初めに取得しておくべき資格が、介護職員初任者研修なのです。介護職員初任者研修の資格は、もともとホームヘルパー2級の名称が変更されてもので、介護における必要最低限の知識や技術を身につけた人が所持できる資格とされています。受験資格は、主に専門学校などで、必修すべき科目を全て終わらせた後に得られます。そして、試験を受けて合格することで、介護職員初任者研修の資格を所持することができるのです。試験に合格するためにも、しっかり専門的な知識や技術を身につけておく必要があります。介護の仕事に就きたいと考えている人は、まず介護職員初任者研修の資格を目指してみるとよいでしょう。

ヘルパー

目的に合った講座の見つけ方

介護職員初任者研修の資格を取得するための勉強法には、独学や専門学校といった方法が挙げられます。独学の場合だと、書店に行ってテキストなどを購入する必要があります。しかし、人によっては独学だとなかなか勉強が進まず、諦めてしまうという人もいるでしょう。そのような場合は、専門学校へ通うことをおすすめします。専門学校では、介護に関する知識や技術などを十分に身につけることができますし、試験までの期間内に対策もしっかり取ることも可能なので、安心して試験に臨めるでしょう。また、専門学校へ通うことが難しいという人は、インターネットを活用した通信講座なども行なっているので、自分の都合がよい時間に合わせて勉強ができます。このように、様々な方法で試験の勉強を行なうことが可能なので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。